初めての確定申告、確定申告書作成コーナーで作ろう

初めての確定申告、確定申告書作成コーナーで作ろう

一人親方

個人事業主

初めての確定申告

(つづき…。)

さぁ、さっそく申告書の作成をしていきましょう。

①所得税

②決算書・収支内訳書

③消費税

④贈与税

上記4つのうちからどれを選択して作成していくか分かりますか?

①か②でしょうねぇ…。

いまいち分かりませんよね。

しかし各項目のしたに説明文が書いているではありませんか。

正解は、②決算書・収支内訳書です。

説明には事業所得や、、、がある方が青色申告決算書や収支内訳書を作成すると

書いているではありませんか!

なんて分かりやすい。

決算書・収支内訳書の作成を選んだら、次へ進むをクリックしましょう。

次に、e-Taxで送信する。

と、青色申告決算書を作成する。を選択しましょう。

そう!今回の最大目的!青色申告特別控除(65万円)のオンケイが受けられるのです。

まずは、みんなが大好き!・・・売上を入力しましょう。

会計ソフト、freeeにも入力していると思いますが、それを見ながら確定申告書作成コーナーでも入力をしましょう。

次が少し難しい、経費(原価償却資産)の入力です。

会計ソフト、freeeでは経費の入力はそんなに難しくありませんでした。

(今思えば、ちゃんと理解していないために、いいかげんな入力をしていたという事ですね。)

車を購入しました。また、パソコンを購入しました。

車は軽自動車なら4年の減価償却なので、そこまで考えなくてよかったのですが、(30万円超過)

パソコンは(30万円以下)だったので、一括経費で処理ができます。

(頭では分かっていても、これを確定申告で入力するとなると、うまくいかない。)

入力しますが、うまく反映されない。何か間違いがあり、入力できてないものと思われます。

そこで、わたしのお悩み解決の先生に聞いてみることにしました。

そう!ユーチューブ先生です。

今回は税理士の河南先生の動画でがとても分かりやすかったです。

とても丁寧に説明されておりました。

詳しく観たいかたは下記からどうぞ。

30万円以下の備品等購入を一括経費でおとす場合に、種類という項目に、

少額減価償却資産の取得(特例)、措置法28の2を入力してあげるという事です。

次に地代家賃の入力です。

これは会計ソフト、freeeで入力したとおりに入力してください。

さぁ今回最大の目的です。

チェックをお願い致します。青色申告特別控除額→65万円です♪

次に入力するものは、

まったく意味の分からない…、貸借対照表の記入です。

これも、会計ソフト、freeeの入力通り、直接入力してください。

今回もここまでです。

ご視聴、ありがとうございます。

次回をお楽しみに☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA